当サイトのコンテンツには、広告を含む場合があります。

子連れと妊婦で行くカルフォルニア旅行。おすすめコースと費用を大公開!

妊婦と子連れで行くカルフォルニア旅行。おすすめコースと費用を大公開! トラベル

こんにちはっ

アメリカ駐在員のわさびとその妻からしです!

カルフォルニア(ロサンゼルス)に6泊7日で旅行した体験談についてシリーズでまとめます!

今回は3歳・1歳・妊婦と、行動に制限がかかるメンバー構成だったので、ゆったり回りました。

子連れやまったりプランがお好みの方の参考になれば幸いです♪

こんな方におすすめ
  • 子連れでも楽しめるLAの観光スポットが知りたい
  • 家族4人でのカルフォルニア旅行の予算は?
  • ゆったり回るロサンゼルスの旅行プランを見てみたい
わさびとからし

英語が全くできないのに駐在員になりアメリカ人の部下マネジメントに四苦八苦するわさび(夫)と、駐在帯同直前までずっと仕事一筋だったため、駐在生活=家事歴の妻、からしです。2022年よりオハイオ州に絶賛駐在中!2024年2月X(Twitter)はじめました!→@america_chuzai

わさびとからしをフォローする

カルフォルニアの旅行プランは?3歳・1歳・妊婦連れの我が家の場合

今回我が家が選択したカルフォルニア旅行は6泊7日でした!

ヤシの木とカルフォルニアの青空を撮影した写真
ザ・カルフォルニアという気候とヤシの木、最高です。

アメリカ駐在員である夫、わさびが5日間の有給が取れたので、有給+前後の土日で連続9日間の休みがある状態。

わさび
わさび

6泊7日だと、帰宅後もまるまる2日間休めるので時差ぼけ解消にちょうど良かったです!

東部時間からだと3時間の時差があります!

この3時間がけっこう辛く、時差ぼけの影響が数日間残りましたのでご注意を!

からし
からし

時差ボケはカルフォルニアに着いたときより旅行から帰ったあとの方がひどかったです。

メラトニンが時差ぼけ解消に活躍したので持っていくことをオススメします!

\昼寝のしすぎでうまく寝付けないときや時差ぼけ解消に定期的にお世話になっているメラトニン。こちらは3歳から食べれるグミタイプ/

Amazon.com: Zarbee's Kids 1mg Melatonin Gummy; Drug-Free & Effective Sleep Supplement for Children Ages 3 and Up; Natural Berry Flavored Gummies; 50 Count : Everything Else
Buy Zarbee's Kids 1mg Melatonin Gummy; Drug-Free & Effective Sleep Supplement for Children Ages 3 and Up; Natural Berry ...

6泊7日のカルフォルニア旅行行程

1週間のカルフォルニア旅行は次のような旅行行程でした。

6泊7日カルフォルニア旅行
のモデルコース

Santa Monica近くの海辺のリゾート一軒家に3泊、

Airbnbで借りたカルフォルニアの一軒家を撮影した写真
Airbnbで借りた、Santa Monica近くのリゾート一軒家。

カルフォルニアディズニー近くのホテルに2泊、

Best Western Plus Anaheim Innの部屋の室内を撮影した写真。
ディズニーランドから一番近いホテル、Best Western Plus Anaheim Inn

LAX空港近くのホテルに1泊しました。

Renaissance Los Angeles Airport Hotelのロビーを撮影した写真。
LAX空港近くのホテル、Renaissance Los Angeles Airport Hotelのロビー。

それぞれ巡った観光地と宿泊先が分かる地図はこちら。

星マーク(赤)が訪れた観光スポット、ベッドマーク(青)が宿泊先、飛行機マーク(紫)が空港です。

カルフォルニア家族旅行の予算は?4人家族の我が家の場合

4人で行ったカルフォルニアの1週間旅行でかかった費用は以下の通りです。

項目USD日本円
ホテル代$3,300495,000円
レンタカー代
(6泊7日分)
$1,000150,000円
飛行機代
(3人分)
※2歳以下は無料
$730109,500円
雑費
(食事・おみやげ・駐車代)
$40060,000円
ディズニーランドチケット
(2日分:大人2人+子供1人)
※2歳以下は無料
$910136,500円
トータル$6,340951,000円

1週間のロサンゼルス家族旅行は、ざっくり100万円ほどかかった計算です。

ホテルタイプや、シーズンによっても大きく変わるのでご参考程度に。

Airbnbで借りた部屋を撮影した写真
Airbnbで借りた家の一部屋。
わさび
わさび

ロサンゼルスは駐車料金やガソリン代が高かったです。さすが都会!ガソリン代はオハイオ州と比べると、1.5倍ほどでした。

ロサンゼルスの日系スーパーで購入した日本のおにぎり。
ロサンゼルスの日系スーパーにて。おにぎり売ってるのありがたい!
からし
からし

日系スーパーでお弁当を買ってきて宿で食べたりして、食事代は抑えることができました!

カルフォルニアまでの行き方は?

日本からカルフォルニアに行く場合は当然飛行機で。

日本からは飛行機で約10時間程度で行けます。

アメリカ国内からカルフォルニアへは出発地によりますが、車か飛行機でになると思います。

アメリカの東海岸にあるニューヨークからだと約6時間

我々が住んでいるアメリカの中西部、オハイオ州でも直行便で約4時間くらいで行けました。

からし
からし

直行便ありがたや~。小さい子連れだと特に、直行便があるかないかは旅の行先の大きな判断ポイントかと思います。

今回利用した超格安LCC、Spiri Airlineの搭乗レビューに関してはこちらの記事をどうぞ↓

飛行機の窓からみたロサンゼルスの風景を撮影した写真
飛行機の窓からみたロサンゼルス
わさび
わさび

我が家はオハイオ州から直行便の飛行機でカルフォルニアに行きました!

カルフォルニア内の国際空港は?

日本から直行便で行けるカルフォルニア州の国際空港は4つあります。

  1. ロサンゼルス国際空港(LAX)
  2. サンディエゴ国際空港(SAN)
  3. サンフランシスコ国際空港(SFO)
  4. サンノゼ国際空港 (SJC)

地図の通り、ロサンゼルスに一番近いのはやはりロサンゼルス国際空港

わさび
わさび

我々もロサンゼルス国際空港を利用しました!

青空と飛行機を撮影した写真

子連れでのカルフォルニア州内でのオススメ移動手段は?

カルフォルニア州での移動手段は、地下鉄などの公共交通機関やUber利用などありますが、子連れはレンタカーがオススメです。

ロサンゼルスの街の道路を撮影した写真
ロサンゼルスの街中。割と交通マナーもよかった。

ロサンゼルスは、坂道は多いですが、道も綺麗でそこまで運転のハードルは高くなかったです。

高速道路は時間帯や行先によっては混雑しており、流れにのれず、出口を逃してしまうことも何度か…

ロサンゼルスの高速道路を撮影した写真。
高速道路は割と混んでました…

子連れだと、荷物が多い、子どもの昼寝や機嫌の良し悪しでスケジュールが読みにくい、急なオムツ替えやご飯タイムが発生する、の3重苦なので、レンタカーの方がだんぜん便利。

チャイルドシートも、レンタカー会社で借りれましたよ。

レンタカー会社でレンタルできるチャイルドシートを撮影した写真
チャイルドシートはご自由にどうぞ方式でした。年齢にあったタイプをチョイス。

LAX空港で借り、最終日の前日に返却しました。

(最終日は空港近くのホテルに宿泊し、ホテル⇔空港間のシャトルバスで移動)

カルフォルニアの子連れ観光スポット6選

子連れで行くカルフォルニア旅行、我が家が実際に行ったオススメスポットを紹介します!

我が家の旅行スタイル
  • 1歳・3歳が楽しめるスポットを中心に
  • 弾丸というよりはゆったり
  • カルフォルニアに住む感覚も味わいたい

カルフォルニアの生活がどんな感じなのか気になっていたので、ド定番の観光スポットの他、日系が訪れそうなスポット(日本人村日系スーパー)を重点的に回りました!

ロサンゼルスの日系スーパーの店内の様子を撮影した写真
ロサンゼルスの日系スーパー。まるで日本!

1歳・3歳・妊婦という面子のため、スポーツ・自然系は今回は回避しました。

(またどこかで挑戦してみたい!)

ロサンゼルスの街中で見かけたオータニショーヘイの絵を撮影した写真。
さすがLA.いたるところでオータニショーヘイを見かけました
からし
からし

それぞれの観光スポットを、①アクセスの良さ ②子連れでの行きやすさ ③思い出に残ったかの3項目で評価してみました!

<第6位> Little Tokyo(リトルトーキョー)

リトルトーキョー内にあるヤマザキパンを撮影した写真
  • 車での行きやすさ ★★★★☆
  • 子連れにやさしい ★★★☆☆
  • 思い出に残ったか ★★★☆☆

ロサンゼルスにある日本人村、アメリカ最大の日本人街とのこと!

歩いていくと、遠くからでも目立つ櫓(やぐら)が立っていて、異国情緒漂う雰囲気。

日系スーパーやレストラン、ヤマザキパンやお土産屋などが立ち並んでいました。

日本のケーキが並んでいる写真
リトルトーキョー内のヤマザキパンでは日本のケーキがたくさん売られていました!美味しそう!

久しぶりのラーメンを堪能。

ラーメンを撮影した写真
大黒屋のラーメン。

現代の日本とはまた違う、どこか懐かしい雰囲気の街並みや店内装飾が興味深い。

大黒屋の店内の様子を撮影した写真

ただ、落書きがあったり、ホームレスがうろうろしていたり、全体的に治安が悪い印象を受けました。

リトルトーキョーもそんなに活気づいてはいませんでした、日本人としてちょっと寂しい。

昼食はこちらのラーメン兼居酒屋のような雰囲気のレストランで。

駐車場はここ(Aiso Parking Garage)が安くて屋内駐車場で広さもあり、停めやすかったです。

<第5位> Griffith Observatory (グリフィス天文台) 

グリフィス天文台を撮影した写真
  • 車での行きやすさ ★★★☆☆
  • 子連れにやさしい ★★☆☆☆
  • 思い出に残ったか ★★★☆☆

高台にある天文台で、ハリウッド映画、「ラ・ラ・ランド」のロケ地としても有名です。

夜景が特に綺麗とのことですが、子連れには少々ハードルが高いので日中に訪れました。

グリフィス天文台からの景色
グリフィス天文台からの景色
天文台からはロサンゼルスが見渡せます。

車で行く場合、丘のふもとにある無料駐車場か、展望台の目の前の有料駐車場の選択があります。

無料駐車場の場合は、片道15分程度の坂道を歩くか、定期的にスクールバスでの送迎があり、それに乗るか。

歩くのもバスに乗るのも大変そうだったので、我が家は1時間10ドルの有料駐車場を選択しました。

こちらの公式サイトが、アクセス方法など詳しく書いてあります。

展望台は無料ですが、プラネタリウムは別料金。大人1人につき10ドルでした。

小さい子がいるためプラネタリウムはスキップし、景色を見て1時間もしないうちに退散しました。

Hollywoodサインを撮影した写真
近いようで遠Hollywoodサイン

HOLLYWOODのサインが間近に見える場所として有名ですが、それでもハリウッドサインは遠く感じました…笑

からし
からし

月曜は閉館日なのでご注意を!

<第4位> Rodeo Drive(ロデオドライブ)

  • 車での行きやすさ ★★★★☆
  • 子連れにやさしい ★★☆☆☆
  • 思い出に残ったか ★★★☆☆

ハイブランドショップが立ち並ぶ街並み、ロデオドライブ。

セレブがたくさん住むビバリーヒルズにあります。

ロデオドライブのお店を撮影した写真
至るところにハイブランドショップが

色んなハイブランドのお店が立ち並び、ウィンドウショッピングするだけでも楽しいです♪

駐車は、西海岸で有名なセレブスーパーマーケット、Erewhonにするのがオススメ。

Erewhonの店内の様子を撮影した写真
野菜の並べ方すらおしゃれ。

スーパー利用者向けに無料の地下駐車場があるので、買い物ついでにちょこっとロデオドライブ観光ができちゃいます。

Erewhonの店内で売られていたお花を撮影した写真
売られているお花もハイセンス

ロデオドライブはショッピングストリートなので子どもが楽しめるスポットがあるわけではないです。

(Caféなども子連れで入るにはちょっと格式高い感じ)

ザ・カルフォルニア!という観光名所なのでなんだかんだ回るのは楽しかったです。

ビバリーヒルズにある映画プリティ・ウーマンの舞台のホテルを撮影した写真
ビバリーヒルズには映画プリティ・ウーマンの舞台のホテルもあります。

<第3位> Santa Monica Pier(サンタモニカピア)

  • 車での行きやすさ ★★★☆☆
  • 子連れにやさしい ★★★★☆
  • 思い出に残ったか ★★★★☆

カルフォルニアの名所、サンタモニカビーチにある桟橋、Santa Monica Pier。

約100年前に作られた桟橋は、歩いていて趣きを感じます。

桟橋上に遊園地があったり、近くに水族館、美しいビーチと見どころもたくさん。

子どもも楽しめるスポットです。

観光地なので、駐車場はちょっと高め

Pierすぐ横の駐車場が便利ですが、一日15ドルかかりました(利用時間に関係なく一律15ドル)

ルート66の看板を撮影した写真。
ルート66の看板前では記念撮影する観光客がたくさん

ルート66の終わりの看板があるので有名。

実はこれ、観光客向けに立てられたレプリカらしいのですがたくさんの観光客でにぎわっていました。

ルート66にちなんだお土産が売られている様子を撮影した写真
ルート66にちなんだお土産が売られていました

ちなみにルート66の始まりの場所は、シカゴ

シカゴ美術館の目の前です。

ルート66のはじまりのスポットを撮影した写真。
ルート66のはじまりはシカゴ。

シカゴ旅行についてもまとめてますので良かったら覗いてみてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました